【お問い合わせ・資料請求】ホームページからのお問い合わせ・資料請求などはこちらのページをご利用ください。

セミナー情報

セミナー名 ビジョナリー経営塾2010
開催日時 第1回 2010年03月28日(日)11:00~17:00
第2回 2010年05月23日(日)11:00~17:00
第3回 2010年07月25日(日)11:00~17:00
第4回 2010年09月26日(日)11:00~17:00
開催場所 タイム24ビル(東京都江東区青海2-45)
定員 30名(1診療圏、1医院限定)
参加費用 189,000円(税込・昼食込)
お申込みいただいた方は、もう1名参加可能な無料招待券をプレゼントいたします。
セミナー概要 「年に4回ぐらいは、スタッフとともに、本気で経営について考えてみる機会をつくりませんか」
参加者の声 セミナー参加者の声(ご意見・ご感想を頂きました。)
-既にこのセミナーは終了いたしました-

2010年度ビジョナリー経営塾開催のご案内。「年に4回ぐらいは、スタッフとともに、本気で経営について考えてみる機会をつくりませんか」ビジョナリー経営塾に参加したことで、経営を見なおす大きなきっかけになった。『09年度受講生談』

売り上げだけを追求する時代は終わった

当塾は、従来型=魚を与えるセミナーではありません。当セミナーは、

魚の釣り方を伝授する=実践型

のセミナーです。 誰でも出来る、今すぐ出来る手法を学びたい方は残念ながらご参加をお控えください。 経営する意義を問い、自らの頭で考え、実行することが出来る同士を募集します!

~ この競争時代に歯科医院が生き残るためには何が必要か ~

この時代に歯科医院が生き残るためには、明確な戦略と戦術を持つと同時に、 「体系的なノウハウに則った仕組み」によって経営にあたることが欠かせません。

しかし、すぐれた評価システムや経営管理システム、 精度の高いマニュアルなどの仕組みを動かすのは人間なのです。

人間の意識 (心) を変えることからスタートしなければ組織は変わりません。 ビジョナリー経営塾とは、「体系的なノウハウに則った仕組み」と 「目に見えない人の心」の改善を融合させた、 歯科医院の真の改善を実現するための4回コースの経営塾です。

セミナーコンセプト

”100年つづくビジョナリークリニックづくりを目指す”

これが、私たちのコンサルティングが目指す歯科医院の姿です。

歯科医院が100年つづくためには、何が必要でしょうか?

答えは決して一つではなく、幾通りもの答えが存在するはずです。しかしながら、短期的な医業収益のみを追い求めることや、単に本質を見極める事無く他医院の成功事例を真似ること。そして、自分の医院さえよければいいという安易な地域No.1思考だけでは早晩、立ち行かなくなります。

その時々の外部環境や自医院の状況に応じて、取るべき手法は異なります。しかしながら、大切なことは、絶えず変化していくこと。その為に必要な”変化していくための仕組み”を構築しておくこと。

成功している歯科医院には、成功している理由があり、そうでない歯科医院にはそうなる理由があるのです。弊社では、歯科医院専門に御支援を続けてきた実績をもとに、その解決の最大のポイントが「仕組み」と「心」の融合であることを見出しました。数多くの歯科医師や経営者と出会う中で見出すことに成功したノウハウを公開する場がビジョナリー経営塾なのです。

医院が生まれ変わった!人と仕組みが変われば医院が変わる

デンタル・マーケティングが、あなたのペースメーカーになります。

公約(1) 年間売り上げ1億円超の成功者とのネットワーク

2009年度参加者の多くは1億円を超えています。地域のNo.1を目指す人たち・・・志を同じくする人たちとの交流の場となります。モチベーションアップはもちろん、この出会いは一生の財産となることでしょう!

公約(2) 医業収益アップのノウハウ

ありふれた増患手法を超えるノウハウ!!!来院者がファンとなり、自費患者へと。その行動変容とは? すぐに使える医業収益アップのノウハウを一挙大公開!!!

公約(3) 成功事例の共有化

一人の知識・一人の能力では必ず限界があります。日本全国の成功者・成功を目指す人たちの成功 事例を集め、それらを共有します!!!

このようなニーズをお持ちの皆様へ

  • 医院の歴史が浅く、マネジメントができていないため、無駄な取り組みが多く、利益を圧迫している。
  • 「ワクワク楽しい歯科医院」という感覚的部分のみでなく、「仕組みで動く歯科医院」へステップアップしたい。
  • 徐々にスタッフ数が増えてきたが、組織の仕組が整っておらず、今後が心配だ。
  • 歯科治療の技術は高いのだが、今まで経営に関しての関心が薄く経営力が高まっていない。
  • 順調に業績は推移しているが、さらに高いレベルの経営システムを導入したい。

(第1回)3/28(日)11:00~17:00 「院長自身のマインドを変革する」

【第1講座】11:00~12:00/講演者:寶谷 光教

【第2講座】13:00~15:00/スペシャルゲスト講師:

       NBCコンサルタンツ株式会社 代表取締役社長 野呂 敏彦 (のろ としひこ) 先生

【第3講座】15:10~17:00

『道経一体の経営 ~人を育てる会社に不況ナシ~』
スペシャルゲスト講師:NBCコンサルタンツ株式会社 代表取締役社長 野呂 敏彦 (のろ としひこ) 先生

 

NBCコンサルタンツ株式会社代表取締役。税理士としての枠を越えて1社でも多くの中小企業を救いたいとの思いから経営コンサルタントへ転身。「社員の意識改革」「成果主義経営の導入」「計数教育」「採用戦略」「後継者育成」などを組み合わせた新しいスタイルのコンサルティングを展開。自ら講師を務める「実践人財塾」「実践社長塾」を実践道場として、その指導理念を貫いている。経営者を子供のように怒鳴りつけることもあれば、経営者のプライベートな悩みにまで親身になって相談に乗るその人間的な指導から、規模業種を問わず全国の企業経営者から圧倒的な支持を得ている。   

コンサルタントの視点

税理士は、歯科医と同様に知識や技術はあっても、自分自身の経営(集客の仕組み) をもたない経営ベタの専門家が多い業界です。

そんな中、社員規模200人を超える税理士業界有数の企業を創り上げた野呂社長の手腕は、専門家としての知識や技術に加えて、ビジネスとして成功させたいと願う多くの歯科医院にとって生きた手本となるはずです。他業界では非常に著名な野呂社長の取り組んできた人間中心の経営や労働分配率重視の成果主義導入ノウハウは、歯科医院経営にも活かせる部分が多くつまっていますので、この機会をお見逃しなく。

(第2回)5/23(日)11:00~17:00 「歯科医院の経営システムを極める」

【第1講座】11:00~12:00/講演者:寶谷 光教

【第2講座】13:00~15:00/ 生田 図南 先生

【第3講座】15:10~17:00

『歯科医院を仕組化するためのシステム構築方法を学ぶ』
講師:生田歯科医院 院長 生田 図南 (いくた となみ) 先生

 

臨床と経営のバランスを極め、驚異的に業績を伸ばし続ける生田先生。薬で歯周病を治す「歯周内科治療」を「生田セミナー」を通じて多くの歯科医院に伝授。教えを受けた歯科医院が軒並みレベルアップ・業績改善を果たし、「生田セミナー」は常にキャンセル待ちとなった伝説のセミナーでもある。話題のカリスマ講師がこれからの厳しい時代を生き抜く為のノウハウを伝授。

あなたはこの情報なしでこれからの10年を乗り切る自信がありますか?
これからの10年間の2大トレンド!!  歯周内科治療と院内感染防止対策

院内感染防止対策により、患者さんに安心と安全を 提供することにより、強烈な差別化を行う。また、安心・ 安全な歯科医院で働くスタッフは自院に誇りを持ち 長期的に勤務したくなる。

平成3年ごろ、天草郡市歯科医師会の講演会において、今後HIVの感染拡大が非常に危惧されるというお話があった。私は院内感染防止対策を行うことが非常に重要であると再認識し、必死になって一般臨床医でできる範囲の院内感染防止対策に取り組み始めた。厚生労働省は、当時から、院内感染防止対策に必要な費用はすべて初再診療に含まれているという見解であったために、頑張れば頑張るほど、診療報酬はある程度増えるが経費が急激に増加し収入は激減し、非常に困惑した。

しかしながら、収入が減少したから、院内感染防止対策をやめるというのは医療人としてのモラルとして許される話ではない。私(生田先生)は、院内感染防止対策を継続するために、院内改革を行い、治療システムの効率化(生田式総義歯作製法・生田式根管充填法・生田式鋳造コア作製法)などを行い、診療内容のレベル、院内感染防止対策のレベルを落とすことなく、院内感染防止対策を行う以前と同等に近いところまで収益を回復することができた。

歯周内科治療により、重度歯周病の患者さんを 痛くなく、楽に、1週間で患者自身が実感できる効果を 確実に体験していただき、多くのメインテナンス患者さんを獲得する。今後の日本の状況を考えると、少子高齢化の急速な進行、経済活動の減少、雇用減少などが危惧されることを強く感じ、これ以上の保険点数の増加を見込むのは難しいと感じ、保険治療だけで医院経営を行うことの危険性を強く認識し、自費治療をいかに増加させるかという問題に取り組み始めた。結論としては、定期的なメインテナンスシステムを構築し、患者さんに継続的に来院していただき、その中で信頼関係を強くし、自費を増やすしかないと思った。定期検診としては子供が少ないので当然、壮年・高齢者の歯周病のメインテナンスを行う必要を感じた。従来通りのブラッシング・SRP・歯周外科・メインテナンスの流れで管理を行っていったが、メインテナンス数が劇的に伸びることがなく、半年、一年と経つうちに、メインテナンスをしているにもかかわらず、腫脹したりして抜歯を行わなければならないようなケースに悩まされた。そのような状態では、メインテナンス数は増加しないと思い、もっと、簡便で安価に楽に早く痛くなく歯周病を治す必要を感じ、歯周病を薬で治そうと思い歯周内科治療への模索を始めた。現在、歯周病は感染症であるという観点から考えれば、至極当たり前な考えであり、医科的に科学的に歯周病治療を行うことにより多くの患者さんにおいて良好な改善を確認できるようになっている。昨年、日本歯周病学会からもアジスロマイシンが歯周病治療に有効であるとする論文が発表され、今後、歯周内科治療は大きく発展していくと推察される

コンサルタントの視点

国際歯周内科学研究会代表理事という要職にあり、多くの歯科医院に多大な影響を与えている生田図南先生に御登壇いただけることになりました。

生田先生は、今ほど歯科医院で「経営」という言葉がもてはやされていない時期から、経営セミナー講師として全国区で活躍されている、“歯科医院向け経営セミナーの元祖”とも言える先生です。

今回のビジョナリー経営塾では、院内感染のシステム化、歯周病のみでなく、歯科医院に必要な生田流経営システムを学ぶまたとないチャンスです。

(第3回)7/25(日)11:00~17:00 「スタッフの心を変革する」

【第1講座】11:00~12:00/講演者:寶谷 光教

【第2講座】13:00~15:00/ 高崎 真一 先生

【第3講座】15:10~17:00

『スタッフ主体の歯科医院づくりを推進しての成功事例』~スタッフが医院経営に積極的に関与する仕組みを学ぶ~
ゲスト講師:たかさき歯科医院 院長 高崎 真一 (たかさき しんいち) 先生

 

右腕スタッフの育成で、医院の継続的繁栄を実現する!

◆自費率が急増した秘密
開業20年を迎えた奈良県香芝市にあるたかさき歯科医院。たかさき歯科の特徴は、医院運営に関して院長がほとんど指示を出さないことにある。ここには、院長が指示を出さなくてもスタッフが積極的に自らの役割を果たそうとする風土があるのだ。こうした風土があると、医院の業績を向上させていくのも容易だ。2008年には、それまであまり活用できていなかったカウンセリングスペースを用いたカウンセリングを導入したところ、わずか半年たらずで月間の自費診療収益はそれまでの100万円程度から一気に、400万円を超えた。一見、順風満帆に見えるたかさき歯科も、過去には、スタッフ全員から退職願いを突きつけられたこともある。高崎先生は当時を振り返ってこう話す。「開業当初は、自分がすべての責任を負わなくてはいけないという強い想いから、今では考えられないほどワンマンだった。1から10まですべて自分が指示を出さなくては気が済まなかった。新人に対しても自分が丁寧に教えた。それでも、だいぶできるようになってきたかというところで、スタッフから『院長、辞めさせてもらいます』の一言が容赦なく突きつけられる。こうしたことの連続だった。」

◆それは一つのきっかけから・・・
こうした状況の中、たかさき歯科に転機が訪れる。高崎先生が大病を患い長期療養を余議なくされたのだ。「もうスタッフに任せるしかない。」スタッフに任せて、本当にうまくいくのだろうか・・・当初の高崎先生の心配をよそにスタッフは、自ら主体的に仕事を進めてくれた。この経験をきっかけに、たかさき先生は、それまでのマネジメントスタイルに疑問を抱く。スタッフは能力が低いのではなく、自分が全てを指示してきたことで、スタッフが依存的になり、一人一人の持っている力を引き出せていなかったのではないか。これまで辞めていったスタッフを思い出してみると、仕事の動きは鈍いけれども、思いやりの気持ちが人一倍強いスタッフなど個々のスタッフの持っていた強みをないがしろにしていた自分自身に気付いたのだ。

◆右腕スタッフの育成が医院のすべての問題を解決する
こうした経験から高崎先生は断言する。「できないスタッフはいない」「だれにでも資質がある」したがって、新しいスタッフが入ってきて成長が遅い場合でも高崎先生は落ち着いている。「放っておけば、そのうちできるようになるから。」ただし、これは単なる放任ではなく、その子の特性をよく見極める必要があるという。もうひとつ大切なことは、信頼できるチーフを育成すること。「信頼できるチーフが育成できれば、“人”に関するマネジメント上の問題はほとんど解決する。」と高崎先生はいう。現在のチーフスタッフも新人の頃は、内気で人とのコミュニケーションも得意な方ではなかった。そのスタッフが、今では医院の要として活躍してくれている。ここにも高崎先生一流の人材育成術がある。当日は、チーフスタッフとともに、その秘密を余すことなくセミナーで披露してくれる予定だ。

(第4回)9/26(日)11:00~17:00 「体系的なノウハウに則った歯科医院の戦略と戦術」

【第1講座】11:00~12:00/講演者:寶谷 光教

【第2講座】13:00~15:00/ 及川 均先生

【第3講座】15:10~17:00

『来院者を戦略的にVIP化する成功事例(戦略的歯科医院経営)』~オンリー1歯科医院を目指すための方策を学ぶ~
ゲスト講師:及川歯科医院 及川 均 (おいかわ ひとし) 先生

 

マーケティング手法のみでなく、人事制度の構築を含めたマネジメントへ注力することでバランスの良い経営体制を構築することに成功し、経営改革のスタートから1人のスタッフも退職することなく、業績改善を達成しました。

多くの医院が取り組みの結果として、業績は改善したけれども、多くの犠牲を払う中、非常にバランスの良い改革となりました。 マーケティングにおいては、人口の少ない地域おいて、患者数を追うのではなく、ワントゥーワンマーケティングを推進することで、顧客1人1人のVIP化を推進。

人事制度においては、スタッフが自発的、且つハッピーに働くことのできる仕組みの導入に成功しました。

取り組みの結果、当地域では、ブランド医院としての地位を確立してきています。

 

セミナー参加者の声のご紹介

→Y歯科医院 Y.H 様
デンタルマーケティングさんが設立された当初から今までコンサルティングを続けて受けている私に、ビジョナリー経営塾への参加を勧められた時、正直4回もかけて学ぶ価値があるのだろうか?と懐疑的な気持ちを持ちました。幸い4回の開催日とも他の行事が入っていなかったので軽い気持ちで参加したのです。今まで色々なセミナーには集中できるよう1人で参加するようにしていたのですが、このセミナーでは、何人かの先生方とチームを組んでセッションもあったりして、最初は少しとまどいました。しかし、回を重ねるごとにチームごとの競り合いで同じチームの先生方とも連帯感が生まれ、チーム以外の先生方とも色々なお話ができ、情報交換の場としての楽しさも感じることができるようになってきました。参加されている先生方は、どなたも前向きで勉強熱心な方ばかりです。アクションアイデアなどは自分に発想できないようなアイデアを数多く目にし、自分はまだまだだ、ということを痛感しました。この4回のセミナーに他業界から来られた講師の先生方は、みなさんお人柄もすばらしく、そのお話にも大変感動しました。そのような方々を探し、呼んでこられたデンタルマーケティングさんの情報収集力には脱帽です。参加された先生方の中で恐らく私が最年長だったのではないかと思いますが、皆さんに負けないよう、もっと頑張ろうという思いで、その後の診療にあたっております。想像以上に得るものが多いセミナーであることは間違いないと思います。是非参加されることをお勧めします。
→M歯科医院 H.I様
デンタルマーケティングの経営セミナーは、一昨年に続き2度目の聴講をさせて頂きました。今回のビジョナリー経営塾では、大変お世話になり、特に以前から私の課題であった職員教育においては、大変参考になる事が多く日々職場で生かしております。 職員教育は、「魂のデザイン」若い精神に刻苦のノミを当てることに他ならない。たとえ、そもそも道端の石コロでしかなくても、ノミの当て方ひとつで、立派な彫刻になります。 ルビーやダイヤの原石それも慎重にノミでカットしなければ、宝石としての輝きを得られるはずがありません。たとえ苦しくても根気よく学び続けさせる。それが私のなすべき事と考えております。  私は、歯科医療の水準を下げる事なく、治療の面白みを失う事なく作業を効率的に行い、より質の高い治療を実現するという、中庸を以前から求めて来ました。更に「職員ひとりひとりの責任」を明確にし、誰かがやるのではなく、自分がやらなければいけないという意識を持って貰う様、又、自ら手本となるよう努めて来ました。  この自主性の有る組織づくりを目指した改革は私の思う限り、毎年成果を上げているように思えます。 責任を背負いながらも一組織を作り上げていく楽しみが、スタッフの笑顔・覇気に現れていると実感している今日この頃です。又、M歯科は多くの人が楽しめるクリニックで治療する小児、付き添いのお母様、お父様、お爺様、お婆様等々、老若男女が楽しめ元気になる場を提供出来ている、これは大きな特長であると自負しております。  専門分野を研究又は練習し、臨床で発表又は実演する、正に診療室はステージそのものなのです。同じ志を持った仲間が集まり、おもてなしをする為に準備を重ねて来た有志、それはインプラント、矯正、審美、クリーニング、ペリオ、修復・・・様々な企画が集まって別々の事をしている様で、実は「クライアントに口腔内の改善を喜んで頂き、自らも楽しむ」と言う、一つの方向を目指している。この多様性がありながらも一貫している理念がM歯科のおおきな強みであり、地域からの高い評価を得ている理由なのです。  私は長年にわたり、勤務歯科医、歯科衛生士、歯科助手、受付、学生、そして当院から卒業し結婚して子育てをしている人等、たくさんの人々を見て、ムリ、ムダ、ムラのない生活がいかに大切であるかを知験を通じて良く知りました。  私は経営のプロは、この世にいないと考えております、 つまり 100%成果の出せる人間 という意味のプロは存在しない。  気の緩みを戒め、厳しい姿勢で頂上を目指すよう、日々精進します。

歯科経営セミナー参加を通じて得られるもの

セミナーに参加することで得られる効果を、その頭文字をとって、私たちはKLMNで表現するようにしています。

K(Knowhow)

まずは、ノウハウです。歯科専門でコンサルティングを行っている私たちには、数多くの最新成功事例が集まってきます。ただし、小手先のテクニックをいくら知ったところで、そうした情報はすぐに陳腐化してしまいます。大切なのは、その背景にある考え方です。ビジョナリー経営塾に参加することで一生もののノウハウを手に入れて下さい。

L(Lead)

「やることはわかっているんだけど、なかなか思うようにすすまない・・・」こうした悩みを多くの歯科医院経営者から耳にすることがあります。日々、忙しい診療の中で経営と歯科医療従事者としての仕事の両立をすることは容易なことではありません。デンタル・マーケティングでは、セミナー参加当日だけではなく、その後のアフターフォローも実施することで、セミナーでの学びを最大限生かせるような環境づくりに力を入れています。年4回のセミナーを自分自身のマイルストーンとして設定することで、やらなくてはいけないことを着実に前に進めていくきっかけとし活用してください。

M(Motivation)

人間であれば、誰しもモチベーションの変化があるものです。このセミナーでは、志を一にする多くの同志との出会いがあなたの目標達成への速度を飛躍的に高めることにつながります。「以前、苦労していたあの先生もここまで頑張っている。自分もこれまで以上にチャレンジするぞ!」といった気づきが得られるのもビジョナリー経営塾の素晴らしい一面です。

N(Network)

「地元の会合に参加しても、ネガティブな発言ばかりでこちらまで嫌な気分になる。自分は、厳しい時代だからこそ、これまで以上に頑張ろうじゃないか。」このように考える歯科医院経営者が数多く集まっているのが、ビジョナリー経営塾の素晴らしいところです。また、厳しい経営環境であっても多くの患者さんから支持されている医院が多く集まっていることもビジョナリー経営塾の特徴であるといえます。意識の高いメンバーが一堂に会する場というのは貴重です。セミナーに参加することで、参加者同士のネットワークが構築され、一生涯の財産になるといえます。

メイン講師紹介

寳谷 光教

寳谷 光教 株式会社デンタル・マーケティング 代表取締役社長

大学卒業後、メーカー勤務を経て、2001年から船井総合研究所にて経営コンサルティング活動に従事。2005年に独立。株式会社デンタル・マーケティング代表取締役社長。指導先歯科医院は、船井総合研究所時代を含めると、数年間で100を超えており、多数の成功事例をつくってきた歯科医院専門のトップコンサルタントとして知られている。「経営に対する発想転換により業界にイノベーションを起こす!」がモットー。中小企業診断士であり、プロボクサーのライセンスも持つ異色のコンサルタント。

著書

「3 ヵ月で医院が変わる 勝ち組歯科医院経営 55 のポイント」クインテッセンス出版

「驚異のミーティングで歯科医院が変わる」クインテッセンス出版

「歯科医院の増患・増収実践ガイド 」アーバンプロデュース

ビジョナリー経営塾概要(全4回コース)

第1回 2010年3月28日(日)11:00~17:00

「歯科医院経営を可視化する」

~100年続くビジョナリークリニックの設計図を描く~

第2回 2010年5月23日(日)11:00~17:00

「予防システムを極める」

~仕組化するためシステム構築方法を学ぶ~
ゲスト講師:生田歯科医院 院長 生田 図南先生

第3回 2010年7月25日(日)11:00~17:00

「スタッフ主体の歯科医院づくり」

~スタッフが医院経営に積極的に関与する仕組みを学ぶ~
ゲスト講師:たかさき歯科医院 院長 高崎 真一先生

第4回 2010年9月26日(日)11:00~17:00

「これから10年の歯科医院経営」

~オンリー1歯科医院を目指すための方策を学ぶ~
ゲスト講師:及川歯科医院 及川 均先生(予定)

参加料

◎189,000円(税込・昼食込)

※お申込みいただいた方は、もう1名参加可能な無料招待券をプレゼントいたします。

お申し込み

医院名 (必須)

ご参加者氏名1 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号(必須)

住所(必須)

電話番号

FAX番号

セミナー参加人数 (必須)

お問い合わせ(他のご参加者のお名前をご記入ください)